日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ

太陽光発電:公同教会の屋上に太陽光発電を設置しています  太陽光発電2020年4月1日~4月4日:161kw 累計:13282kw

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(Ⅱテモテ書1章7)

 心苦しい毎日。ともに生きる思いを大切に、だれにも自分にもやさしく、おだやかに向き合いたいと思います。


14日(土)は卒園する子どもたちを送り、19日(木)は2019年度の終了式がありました。新しい色の帽子を被り、誇らしげに笑顔いっぱいの子どもたちでした。子どもたちを心から見守ってきた先生たちの1年間、ご苦労様でした。

25日(水)は、晴天の中、六甲山高取山に子どもたち45名と希望された保護者10名、スタッフ6名で登ってきました。ミツバツツジやスミレにも出会い、爽やかな気持ちの良い山登りでした。

「にしきたあさいち」
第1、3金曜日 朝8時45分~
アートガレーヂにて
4月は、17日(金)です。

今回3日(金)は実施いたしません。

丹波より、新鮮なお野菜はもちろん、お米や牛乳、飲むヨーグルトなど、また兵庫県立氷上高等学校の生徒さんが作られたきゅうりや卵なども届けられます。ぜひ、覗いてみてください。


「津門川川そうじ」
毎月第1日曜日昼12時~(雨天延期)
西宮公同教会前集合
5月は、3日(日)です。

にしきたを流れる“津門川”(つとがわ)は、川魚、水鳥、200種類を越える雑草など、変化に富んだ表情を持つ川です。地元自治会、地域の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などが協力して、20年前から続けています。どなたでもご参加ください。

2020年04月05日
 原子力発電所の事故、それが現実に起こってしまった、東電福島の重大事故対応を難しくしているのは、環境中に放出されてしまった放射性物質が、どんな意味でも処理不能であることです。一方で、重大事故の核心部分である、溶融燃料と同じように溶融した施設の一部は高い放射線で処理の手をはばんでいます。
 環境中に放出された放射性物質は処理不能であるのに、降り注いだ放射性物質によって人の住めなくなった市町村では、それを取り除くことによって住民を帰還させる、即ち事故の収束を装うことを目標に「除染」が実施されてきました。可視的に特定することが ……

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.