日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ

太陽光発電:公同教会の屋上に太陽光発電を設置しています  太陽光発電2019年2月1日~2月28日:1103kw 累計:94627kw

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(Ⅱテモテ書1章7)

北海道に行ってきました。50年前ニセコ小分校、近藤小学校の子たちは雪の日はスキーで登校も。昆布地区から来る子がおり、雪の日は3時間かかり、着く頃お弁当の時間ということが度々あるそうです。春を心待ちに、遅い北の春、穏やかな春が訪れますように。


 2018年が終了。園庭の桜の枝には蕾がいっぱい、どんどんピンクになっていくでしょう。東門のゆすらうめはもう花が満開。川沿いに植えられたチューリップの球根は黄色い花が次々と。寒さはまだ残っているものの、あちこちで春のお知らせが。
 16日35人が幼稚園を巣立っていきました。35人の子どもたち、いっぱいの園での時間がありました。卒園のアルバムや文集、保護者の方々から届けられたことばを読ませていただきながら、幼児期の大切な時間を一緒に過ごせたこと心から感謝です。20日、年度の最後の一日、新しい学年への期待がいっぱい。年長へ進級する子どもは年中のクラスの帽子の色はどういう色か、年長に進級する子どもたちにはその日来ていた小学生10人ほどから年長の帽子の色はこんな色と話してくれました。白は?波、雪、綿、大根などなど、緑は「ゴーヤ!」。そこには園の生活が溢れていて、だからこその「色」がどんどん飛び出してきます。黄色もピンクも生活溢れることばを届けてくれました。子どもたちのんな1年への贈り物は「特別グリコ」、これは“ギフト”!でした。

◇1昨年10月よりしばらくお休みしていた丹波野菜市が、名前も新たに「にしきたあさいち」として再開しました。曜日も第一、第三金曜日に変更になります。またご利用ください。

4月は5日(金)19日(金) 8時45分~  


◇4月の川掃除 4月7日(日) 午後0時から(教会前集合)◇


にしきたを流れる“津門川”(つとがわ)は、川魚、水鳥、200種類を越える雑草など、変化に富んだ表情を持つ川です。毎月第一日曜日(雨天延期)に、にしきた商店街、地元自治会、地域の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などが協力して、20年前から川掃除を続けています。どなたでもご参加ください。

2019年03月17日
(前週よりつづき)
3、「今後とも知事との話し合いはしっかりと続けていきたい」
 「話し合い」はとても大切です。ただ、それが成り立つ為には「話し」「聞く」に値する言葉の交わしあいであることが不可欠です。「話し」が、「合い」である為には、その相手に届く言葉が含味され選ぶ必要があります。相手に聞く耳があったとしても、解りにくくては困るのです。ことさら解りにくい難解は論外ですが、共有し、かつ共生することがお互いの根底にあって、共通点を一つでも多く見つけ出したいから、たぶん「話し合う」を選ぶのだと思います。当然、話 ……

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.