日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ

太陽光発電:公同教会の屋上に太陽光発電を設置しています  太陽光発電2017年3月10日〜3月16日:242kw 累計:72127kw

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(競謄皀峠1章7)

年を重ね、足が弱り、歯が弱り、心が弱りつづけています。でも、さまざまな人や言葉に支えられています。その期待に応えていけますように。 


◇“公同幼稚園”今日の写真だより
 3月16日卒園式、45人が旅立ちました。
公同の時間を、お話と歌で振り返りました。絵本「おさるのじょーじ」の風船の場面に重ね合わせて、子どもたち一人ひとりが空にあがっていく、45人の顔の入った風船が次々に空にあがっていきました。この日も少し寒かったですが、子どもたちの元気な歌声、また茶話会では元気に跳びはねての姿も。
 こんなに笑顔いっぱいの子どもたちとの時間が与えられるのかというほどの子どもたちの顔、顔、顔。幸せなひととき、そのひとときに通じる毎日、それが積み重なっての16日の時間でした。
 公同幼稚園の卒園式は他のものもですが、子どもたちの日常の続き。証書の贈呈とかそんな形式ではなく、過ごした時間を振り返りながら過ごした時間を誇りに思えるそんな楽しい時間にと思っての実施、3人卒園しても4人卒園しても一度も同じのものはなく、いつもその年の味のあるものだったとの評価。そうやって過ごした日々はおかあさんたちにも勇気をもってもらうものになるようで、最後の挨拶で「わが子を誇りに思う」と言われました。これからもそんな日々を親子でと願っています。

◇4月 4日(火)、4月18日(火) 丹波の野菜市 ”にしきた朝市”
  時間:午前8時45分〜 場所:アートガレーヂ


◇4月の川掃除 4月2日(日) 午後12時から(教会前集合)◇

にしきたを流れる“津門川”(つとがわ)は、川魚、水鳥、200種類を越える雑草など、変化に富んだ表情を持つ川です。毎月第一日曜日(雨天延期)に、にしきた商店街、地元自治会、地域の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などが協力して、20年前から川掃除を続けています。どなたでもご参加ください。

2017年01月31日
(前項よりのつづき)
 その双葉町と大熊町に建設されるのが福島県内で除染された汚染土壌などを運び込む中間貯蔵施設です。「東京ドーム約340個分の広大な敷地に、放射性廃棄物を含んだ汚染土などの除染廃棄物を30年間保管する。事業費は1.6兆円」「中間貯蔵施設は、住民帰還の妨げになる『迷惑施設』だ」(3月5日、朝日新聞)。前町長の時代の「町政の混乱」「住民の分断」で、復興関連事業の数は、「一周半遅れ」とされる双葉町に、住民帰還、復興の妨げになる中間貯蔵施設の建設受け入れを、現町長は「秘密裏」に了解します。そのことで動いたとされ ……

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.