日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ

太陽光発電:公同教会の屋上に太陽光発電を設置しています  太陽光発電2018年4月6日〜4月12日:213kw 累計:82962kw

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(競謄皀峠1章7)

春が満開だった桜の木は、新緑の葉に覆われ、来年の花を咲かせるための準備を始めています。オレンジ色の帽子をもらい、登園する日を心待ちにしていた子どもたちが入園式を迎えました。子どもも大人も新しい季節を踏み出すはじめの一歩をお守りください。


◇“公同幼稚園”今日の写真だより
 11日入園式、桜の木は緑色にとなっていましたが、元気な子どもたちが仲間入り。幼稚園の子どもたちの帽子の色が全色勢ぞろいしました。いよいよ2018年度のスタート。そしてその新しい仲間たちが翌日から「自立」しての登園、ぬいぐるみの犬を連れていきたいけれど門のところでバイバイして。「おかあさんと行きたいな」、「おかあさんのおやつはないからおうちで待っててもらおうかな」などの先生との会話もあったりしながら無事にみんな生活を進めていくことができています。
 砂場は一番人気、土山に登っては滑りを繰り返す、保育室の前でのブロックや汽車積み木での遊び。おや、一人の先生がしゃぼん玉を飛ばし始めましたよ。お日様の光りを受けてキラキラ輝いてパッと消える素敵な玉にみんなくぎ付け。そして追っかけまわします。
 穏やかな時間が少し流れたあとに入室、おやつの時間です。お茶を飲むのもおせんべいを食べるのもどれもみんなわらべうたが流れて、そのあとに歩く時もわらべうたに支えられて、みんなでの生活を応援してもらっています。
 新しい子どもたちの一歩がこんなふうに始まり進んでいます。

◇昨年10月よりしばらくお休みしていた丹波野菜市が、名前も新たに「にしきたあさいち」として再開しました。曜日も第一、第三金曜日に変更になります。またご利用ください。

4月20日(金) 8:45ごろから アートガレーヂにて


◇5月の川掃除 5月6日(日) 午後12時から(教会前集合)◇

にしきたを流れる“津門川”(つとがわ)は、川魚、水鳥、200種類を越える雑草など、変化に富んだ表情を持つ川です。毎月第一日曜日(雨天延期)に、にしきた商店街、地元自治会、地域の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などが協力して、20年前から川掃除を続けています。どなたでもご参加ください。

2018年03月22日
(前週よりの続き)
 働かせてもらった7年半の薬局では、中卒で主として「配達」などを担当する(夜は、彼らは夜間高校に通っていた)若い人たちと一緒に配達の仕事をすると同時に、一緒に遊び、一緒に旅行する仲間の一人に加えてもらっていました。少なからず挫折して、仕事、高校を中退することになる前後に、ずいぶん話し込むこともありました。7年半、極めて充実した薬局の店員であり得たのは、大切にしてもらったのと同時に、たぶん「商売人」が向いていたのだと思います。その7年半はずっと西宮公同教会の担任教師で、主任教師と半々ぐらいの責任は持って ……

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.