日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ

太陽光発電:公同教会の屋上に太陽光発電を設置しています  太陽光発電2017年1月6日〜1月12日:160kw 累計:70404kw

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(競謄皀峠1章7)

新しい年も早半月、阪神淡路大震災の記念日を迎えます。気持ちを新たに祈ります。命を頂いて、生かされていることに感謝して、心の温もりを忘れないで歩んでいくことができますように


1月17日、今年は22年前と同じ曜日です。連休明け、子どもたちが話したいことをいっぱい胸に抱えての登園を楽しみに待つ早朝の出来事だったのが1995・1・17でした。22年経ちました。いのちの重みを見つめ直しての再スタートになったのが、3週間の休園後の幼稚園。復興とかではなく、新たな積み上げです。元に戻るのではなく新しい一歩一歩を進めていくという思いでした。
 毎年この時期に幾つかの集まりが行われます。礼拝であったり、コンサートであったり、です。10年を過ぎてからは兵庫県立芸術文化センターのある高松公園での階段を利用してのコンサート。寒い季節ではあるけれど子どもたちの歌声が響きます。全身で歌う子どもたちの歌は元気にさせてくれるおとなにとってのパワー。連休明けの楽しい話を聞かせることもできなかった亡くなった子どもたち、全身で歌うことも敵わなくなった子どもたち、でも今目の前で生きている子どもたちが、おしゃべりし、走り踊り、そして全身でいつも歌えるような日々をこれからも変わらず過ごせる毎日であってほしいと願います。
 そんな願いのもと今年もでした。

◇26日(木) アルトスのパン焼き
◇31日〜2月5日 「松島朝義・琉球陶芸展−めくるめく光と影のうつわ―」
◇2月7日〜12日 「小黒三郎・組み木のお雛さまと武者人形」
◇2月19日 「リピート山中が歌う 人と街の物語コンサート」

《幼稚園行事》
◇21日(土) たこあげ大会(武庫川河川敷)
◇2月4日(土) もちつき大会(園庭にて)


◇“津門川”は、川魚、水鳥、200種類を越える雑草など、変化に富んだ表情を持つ川です。毎月1回、にしきた商店街、自治会、教会、教会学校、幼稚園などが協力して川掃除をしています。

◇2月の川掃除は5日午後12時から行われます

2016年11月29日
 池澤夏樹・個人編集「世界文学全集」(全30巻、河出書房新社)の1冊になり、全集を発行している藤原書店も全3部を一冊として発行することとなった「苦界浄土(くかいじょうど)」の著者・石牟礼道子を訪ねる旅などが「文學界」(2月号、文芸春秋)で特集されています。
 水俣の漁師たちが苦難を強いられた「水俣病」が、広く世界で共感・共有される原動力になったのが、「苦界浄土」だと考えられています。人の言葉に何が宿るときそれが可能になったのかを、「文學界」の「虐げられし者たちの調べ」(伊藤比呂美、高橋源一郎、町田 康の対談)そして、「ミ ……

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.