日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ

太陽光発電:公同教会の屋上に太陽光発電を設置しています  太陽光発電2018年9月1日~9月28日:1388kw 累計:89735kw

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(Ⅱテモテ書1章7)

 暑すぎるほどだった夏のことその過ぎた日々も思い出すこともないほどの秋の日々。でも6月以来次々に向き合った自然からの警告。そしてそのことによって、今も不安な思いを抱えておられる方々がおられることを忘れることのないようにといつも心したいです。


 畑のさつまいもを掘り、刈った稲を脱穀精米しての新米を味わい、届けていただく栗や柿や梨やと次々に楽しみ、秋満開の毎日です。出かけて帰ってきた子どもたちからはどんぐりのおみやげが。ポケットから溢れそうになるどんぐりを「おっとっと!」の子どもたち、また気づいてみれば、靴箱の中のどんぐりたち。「りすのすみか」のような可愛い靴箱です。
 季節を大切に、そして旬を味わうこと、子どもたちの生活に欠かせない大切なキーワードです。夏の厳しすぎる暑さがあったり、あっという間の涼しさ、また暑さが戻りなどとなかなか安定しないこともある天候ですが、秋が進み、冬が近づいてくる中、何より体調に気をつけて過ごしていきたいものです。
 ♪うんどうかいやおまつりや楽しいことがあるけれど~の素敵な歌が聞こえてくる毎日、そう公同の秋はいろいろな旬に加えてとっても楽しいこの2つが。
 秋を特別にいっぱいに味わうのは年長さん、12,13日と篠山に出かけます。枝豆、栗、さつまいも、柿などここでもたくさんの旬が待ってくれています。行く道筋でも目にする秋、楽しみです。


◇昨年10月よりしばらくお休みしていた丹波野菜市が、名前も新たに「にしきたあさいち」として再開しました。曜日も第一、第三金曜日に変更になります。またご利用ください。

11月は2日(金)16日(金) 8時45分~

10月26日9時~ 黒大豆枝豆販売


◇11月の川掃除 11月4日(日) 午後0時から(教会前集合)◇

にしきたを流れる“津門川”(つとがわ)は、川魚、水鳥、200種類を越える雑草など、変化に富んだ表情を持つ川です。毎月第一日曜日(雨天延期)に、にしきた商店街、地元自治会、地域の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などが協力して、20年前から川掃除を続けています。どなたでもご参加ください。

2018年10月09日
 重大事故になった東電福島の状況は、大きくは3つの分野で、事故後の対応が続いています。その場合前提になっているのが、2020年のオリンピックの誘致にあたって、アベ政治が世界に向かって「公言」した「放射能はコントロールされている」です。そうして「公言」したことのすべてが、コントロールされていない事実を事実によって明らかにしています。
1、事故後の緊急の事故対策が続いている
 東電福島の事故は、放射性物質を決して環境中に放出しないことを、科学の名において約束したにもかかわらず、それが起こってしまいました。「放射 ……

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.