日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>どろんこと太陽
width=639
どろんこと太陽

height=1
2017年11月28日
height=1
 園庭のギンナンが落ちてきたのはいつ頃でしょうか。まだキンモクセイが咲いていない時からだったように思います。ギンナンの処理をするのは、臭い〜のは絶対!ですが、何も言わず洗ってくださった先生方がおられます。ギンナンの匂いは臭い!でもそれもこの季節ならではと感じるようになったのも公同幼稚園に勤務してからだと思います。臭い匂いからしばらくして、その後やっとキンモクセイが咲きだしてキンモクセイの良い香り〜がギンナンの匂いを少し和らげてくれた時もありました。「みて〜」と嬉しそうに拾うお友だちの手には双子のギンナンの実が。ぽっぽさん(3歳児)も黙々と拾ってくれたことも。
 先日の公同まつりではそのギンナンが販売されました。今年は、本当にたくさん落ちてきたギンナン。くさ〜いという声もありましたが、先生や実習生がゴム手袋をしてゴシゴシ洗って、果肉を取ったあとはプールで1日天日干しをして乾かしてから〜。今年落ちてきたギンナンを処理したその重さは、46.5kgと凄い量。散歩へ行く時に、「イテッ!!」と声が。並んでいると上からギンナンが落ちてきて頭に当たったお友だち。台風が来た後のらったさんぽの部屋の前はギンナンだらけに。先生3〜4人、年長さんのお友だちも拾うお手伝いをしてくれて何とかその日の朝に拾いきることができました。水を張っておかないと小虫が寄ってきて〜・・・水を張るのも忘れずに。
食べ方としては、私は、茶碗蒸しなどに入っているギンナンが好きでした。ギンナンについて調べてみると、ギンナンに多く含まれるカリウムには、血中内のナトリウムのバランスを整える効能が。ナトリウムは塩分に含まれる成分で、高血圧や動脈硬化の原因にもつながるそうです。
食べ過ぎるとギンナン中毒に。1日10個までだそうです。ギンナンは料理の中でアクセントとなる名脇役。ギンナンは栄養価が高い食材。でんぷん、カロチン、ビタミンCなど。古くから薬としても活躍しているそうです。中国や日本でも、古くから民間療法で活躍しており、せきや痰、また夜尿症にも効くそうです。
 ギンナンをこれほど身近に思ったことはないくらい幼稚園で働くようになってから、木を見上げたくさん触れるようにもなりました。幼い頃は、「触らないでおきなさい。手が臭くなるよ。」と声をかけられたら、言われた通りに触らずにいたり、よけて歩いたりしていた時もありました。そんな時から大人になってもずっとギンナンは臭いもの、手もかぶれそうだし〜という思い込みに縛られてきていました。でも、今クラスの目の前にあるイチョウの木のおかげでそんな嫌な思いもなくなり、ギンナンを洗って干して〜電子レンジでチン!としたらとってもおいしいものだという素敵な思いに変わりました。
 子どもたちは、「拾ってくれてありがとう」と声をかけてもらえます。子どもたちにとっても、きっとギンナンは大人になってからも良いもの♪おいしいもの♪という思いであり続けることと思います。とっても素敵なことですね。
height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.