日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>どろんこと太陽
width=639
どろんこと太陽

height=1
2012年12月22日
height=1
 畑には今、玉ねぎやチューリップの苗や球根が植えられています。4月には色とりどりのかわいいチューリップが咲いていた畑。ぽっぽさんは4月の頃入園してきて楽しんだ花ですが、「大きくなってね〜」などと声をかけたりして、今ではその成長を願っています。
日々、貴重な体験をさせていただく中では、多くの学びがあります。色形大きさの様々なカブを見た時は、カブと大根の違いは葉っぱがギザギザかそうでないかということを知りました。おやつには、カブの漬物や野菜が盛りだくさんのスープ等が出てきます。中には、好き嫌いのある子どももいますが、4月に比べてだんだんと食べられるようになってきました。自分から「おかわり〜!」と食べるようになってきています。日々流れゆく毎日の中で、成長していく子どもたちの姿を見て嬉しく思う毎日です。
散歩の道中にザクロを見つけたことがありました。庭先にザクロがあるお家の方にいただき、ぽっぽさんで歌をプレゼントしたこともありました。その後、近所の方が袋いっぱいのどんぐりを「どうぞ〜」と渡しに来てくれたりもしました。人とのつながりや出会いが溢れている日々に感謝します。
園庭遊びでは草花遊びの豊富さには、いつも驚いています。イチョウの葉っぱでブーケを作ったり、大きな葉っぱと松葉で草履を作ったり、大きな葉っぱでお面やさんごっこをしたり、ツルで冠を作って遊んだり、ひっつきむしをつけあいっこしたりです。これだけたくさん遊びが広がるのは公同幼稚園ならではで、ないでしょうか。
また、ぽっぽさんでは、一人縄跳びにも挑戦する子が増えています。今までは、先生の回してくれる縄を跳んでいたのに今では自分で縄を回して「数えて―!」と言いにきたりします。年長さんで1000回を跳ぶ姿を見ることが多くなってきました。そんな年長さんに憧れの気持ちを持つぽっぽさんです。
園庭には、季節を感じさせてくれる自然があふれています。春には桜の花、秋にはオリーブ、ミカンや柿、カリンなどが実ります。11月は運動会や公同まつりなどの行事が盛りだくさんでした。公同まつりで印象的だったことは、お母さん方の細かい手作業で作られた作品です。阪急電車のマスコットや腕時計や変身セット、お医者さんセット、ドレッサー等等、細かいところまで丁寧に縫われていたり、作られていて、感動しました。手作りであたたかいおまつりは、私の中でとても印象的です。12月はクリスマスムードでいっぱいです。園庭にはお父さん方がかわいく飾りをつけてくださったクリスマスツリーがあります。夜には、きれいに光っていて、クリスマスを感じさせてくれます。また、津門川のイルミネーションもきれいです。集会室の前には、夜になるとロウソクの光があたたく感じます。オシャレなリースも飾られました。子どもたちと共に日々、ダンスや絵本やいろんな歌を通してクリスマスを感じています。♪サンタはいそがしいの歌は振付もあって、一生懸命真似しようとしてくれる子どもたちの姿に嬉しくなります。また部屋の飾りもクリスマス一色です。12月もお出かけに行くことがありますが、寒さに慣れない子もいます。こんな時は、わらべうたで楽しんだり、手を強く振ってあたたまったりしています。たくましい公同幼稚園の子どもたちです。クリスマスを子どもたちと共に楽しみたいです。
height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.