日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>どろんこと太陽
width=639
どろんこと太陽

height=1
2014年12月17日
height=1
風が少し肌寒く、木々も赤く黄色く染まり、深まっていく秋を目で心で体で感じています。季節が移り変わっていくように…毎日が進み、また子どもたちの世界も広がっています。
 天気はどうかな?と少し不安になりましたが、「てるてるぼうず てるぼうず あしたてんきにしておくれってうたったからうんどうかいははれるよ〜!」なんていう子どもたちの姿があり、嬉しく、そして歌と共にみんなで願って過ごしていました。今年の運動会も子どもたちの今!がいっぱいに広がっていました。4月まだまだあっちこっちとバラバラだったぽっぽさんたちが、運動会では「旅する蝶」のようにオレンジの蝶に変身して、手をひらひら動かしながら、舞い飛ぶ姿がありました。なんといってもかわいい!蝶に出会うそんな日が与えられ、世界がまた広がったぽっぽさんの今です。またさんぽらったさんたちは小さな花の命の始まりに出会い、発見し、そして大きくなるのを楽しんできたそんなみんなの今。運動会ではそれぞれの小さな花からぐんぐん大きくなりさんぽらったの花を咲かせました。そして、年長さんの今は「とびたいはねたいおどりたい」です。ぽっぽさんさんぽらったさんの日々があったからこそ、あんなに夢中に全力で縄跳びをして、ダンスを踊って、そして走る姿があるんだと思います。縄跳びが苦手…でも仲間が上手に跳ぶ姿を見て、縄を握りしめる姿があったり、時には涙を流したことも。でもあきらめない!そんな子どもたちの姿に「今を本当に生きているんだな」と思いました。そして踊ることが大好きな子どもたち。難しい振り付けでみんなついてきてくれるかな?と不安になっていた私ですが、そんな私の不安はすぐに消され、すぐに飛び込んできた子どもたちに踊る度にうれしさが増していきました。子どもたちの吸収力!そしてパワーに私はただただ驚いていました。「子どもはやわらかい」と園長先生がおっしゃっていたのをふと思い出しました。大人になるとこんなにも動けないか?というぐらい硬い。子どもってすごいな〜なんて改めて思いました。でも私も負けてられないと必死だったのです(笑)こうやって子どもたちと向き合い踊ることが何よりも楽しくて大好きな私の時間が運動会でも広がったことをうれしく思います。さあ何よりも楽しみにしていたのは年長リレー、ぐっと力を入れ、もう顔は怒っている!?というほど真剣な顔。一生懸命ってこういうことなんだということを教えてくれる子どもたちの走る姿。ぽっぽさんの時から憧れてきた「年長」になった年長さんたち。小さな体から溢れるパワーをきっと今のぽっぽさん、さんぽらったさんもしっかり見ていたことだと思います。みんなの姿はその時だけではなく、本当にいろんな子どもたち大人たちの心にも伝わったことでしょう。いっぱいに楽しむ公同幼稚園の子どもたちの今が輝いていました。また空の下で多くの方々とこの日を過ごせたことをうれしく思います。子どもたちだけでなくお家の方々も負けないくらいに盛り上げてくださったこともありがとうございました。
 運動会の後は…公同まつり!カウントダウンも始まり、ドキドキわくわくはさらに増し、
おかいものすることが楽しみで仕方ない子どもたちでした♪「なにかうか、もうきめた!」「おかねいっぱいもっていく」なんていう子もいたり。そして待ちに待った公同まつりの日。朝やってきた子どもたちの嬉しそうな顔。心だけでは収まらない、顔にも体にも出てしまうほどのルンルン気分♪子どもたちの買い物っぷりはまたすごい…!the バーゲン!のようでした(笑)。保護者の方々が一つ一つ丁寧に準備を進めてくださり、愛がいっぱいに詰まっていました。みんなで集まり、そして協力して、迎えることができる公同まつり。そんな素敵な時間を過ごせたことに感謝いたします。そして子どもたちが弾ける時間がこれからも大切に守られることを願います。盛り沢山な日々、そろそろクリスマスの音が聞こえてきそうですよ…♪
height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.