日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>どろんこと太陽
width=639
どろんこと太陽

height=1
2016年03月19日
height=1
わらべうたとともに鬼とたっぷり遊んで、冬の遊びもたっぷり楽しんで逃げた(?)2月。寒い中でも梅の蕾がふくらみ始め、その花が咲いているのを散歩先で見たり、畑のチューリップが芽を出しているのを発見したりと、春を見つけることを楽しんできました。そして固く閉ざしていたコブシの蕾も見逃しません。ぽっぽさんでは、その木に出会う度に「こぶしー!」と注目してきました。その蕾がはじけるように咲きはじめた3月。どんな植物も、子どもたちは咲いたもの、実ったものを突然に見るのではなくて、芽が出始める頃から、あるいは植えるところから成長を見守って、花や実りを楽しんでいます。それってすごいことだなぁと思います。春本番です!今までたくさんのエネルギーを蓄えてきた植物、生き物たちが、外へと顔を出してくれる季節になってきました。色付きはじめようとしている自然を楽しむ日々が楽しみです。そう言えば2月頃から「だんごむしいないかなぁ」と探していた1人の男の子。その姿が見ることができるのももうすぐですよ。

 次へと大きくなることへの希望でいっぱいの3月です。私からすると、もっとずっといっしょにいたいと思うばかりですが、子どもたちのたのもしい姿を見ていると、そうも言ってはいられません。これからも、みんなのことを応援しながら、その成長を楽しみにしています。
height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.