日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>どろんこと太陽
width=639
どろんこと太陽

height=1
2016年05月27日
height=1
 5月、いちごの季節。津門川のこいのぼりを見るためにはじめの一歩をふみ出したぽっぽさんは、たくさんの支えの中で少しずつ世界を広げはじめ畑へ。いよいよ甘ずっぱいひと口を味わうことができました。園長先生をはじめ、お家の方々・先輩たち・先生たちが見守ってきたひと粒であることが、少しでも伝わるといいなぁと感じるひとときでした。もうすぐいちご畑も終わりを迎えようとしています。心から感謝の味わいでした。引き続き、子ども達とともに雑草ぬきの作業をしたり、作物や花の変化に気付きながら、幼稚園の畑を見守っていきたいと思っています。
 新年度、ぽっぽさんたちに園庭をあけたいということもあるのですが、この気持ちの良い気候に足を運ばずにはいられません!サクラ、ツツジ、なのはな、ヒメリンゴの花・・・みかんの花もそれはいい香りを漂わせていました。年長ぐみは造幣局から始まって、有馬富士公園にていちごエクスプレスのイベント、後川にて、お家の方と田植え・お茶摘み・綿の種植えと春から初夏への季節をたっぷりと体感していました。さんぽ・らったぐみは、身近な場所でたくさんの花や実の発見を楽しんでいます。そして、お家の方々との千里北公園での時間は、気持ちのいい風を受けながら、ポプラの葉をさわったり、ウグイスの鳴き声などに耳を澄ませたり、木登り(メタセコイヤ)に挑戦するひとときもありました。それぞれに、今を心と身体でいっぱいに感じてすごしています。
height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.