日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>小さな手大きな手
width=639
小さな手大きな手

height=1
2010年10月03週
height=1
 いくつかのことがきっかけで、「アンティゴネー」(ソポクレース作、呉茂一訳、岩波文庫)と、「アンチゴーヌ」(ジャン・アヌイ作、芥川比呂志訳、白水社)を読むことになりました。「アンチゴーヌ」は、ソポクレースのギリシア悲劇の「アンティゴネー」を題材に書かれた、アヌイの“アンティゴネー”です。
 “きっかけ”になった一つは、「<サギたちを埋めてやろう>について」(「転換のディヴェルティメント10、小林康夫、未来、2110.10」)です。こっちの方は、アンティゴネーの悲劇を「アンティゴネーは、彼女の欲望からというよりは、それを超えた構造的な設定を通じ、ポリュネイケス自身ではなく、その『死骸』という分類不能なものに対して、無意識のうちに転移的な同一化を行うのである」と言う禁じられた(反逆者と断定された)兄の埋葬の儀式を彼女がしてしまうのです。「境界線上に放置された『現実的なもの』は果てしなく反復強迫的に境界線を二重化し、分裂させることになるのだ」、だから、アンティゴネーは兄の埋葬をしないままに過ごすことができません。「彼女の欲望からというよりは、それを超えた構造的な決定を通じて、ポリュネイケス自身ではなく、その『死骸』という分類不能なものに対して、無意識のうちに転移的な、そして反転的な同一化を行うのである」という意味での埋葬です。兄たちが殺し合うという衝撃と苦悩し、なおかつ埋葬も禁じられる、要するに何一つ“選ぶ”ものがない状況で、禁を犯して埋葬の儀式をすることは即ち、死を意味します。そうして、死を“選んだ”アンティゴネーは、妹イスメーネに対しても、叔父であり絶対的な王であり婚約者の父であるクレオンに、彼女、彼が生きている事実をえぐり、かつ問う人として立つことになります。命をかけて迫られる時、命を守る位置に立つ者は、劣勢であることをまぬがれません。もうそれ以上“怖い”ものはない者と向い合うことになるのですから。


アンティゴネー 
  ・・・ここにいる方々だって、みんな賛成して下さいましょうね。もし恐れのために舌が縛られてなかったら。ともかく、王様の権威というのは、ずいぶんいろいろ結構なことがありますのね。勝手なことをやったり言っ
たりできるなんて。

クレオン 
  ・・・お前一人だ、カドモスの市民のうちで、そんな意見をもっているのは。(略)

アンティゴネー 
  ・・・いえ、けして、憎しみを頒(わ)けるのではなく、愛を頒けるとき生まれついたもの。

クレオン 
  ・・・そんなら、さあ、あの世へいって、是が非でも愛するならば、愛したらいい、あいつらをな。私が生きて居る間は、女の勝手にはさせぬぞ。

 
“憎しみを頒けるのではなく、愛を頒けると生まれついた”アンティゴネーは、道理を語るクレオンを圧倒しますが、婚約者のハイモン、母となる人エウリュディケーを、クレオンから同時に奪ってしまう “悲劇”がアンティゴネーなのです。
 

 “きっかけ”になったもう一つは「対等にわたりあう登場人物たち―『アンティゴネ』を観て」(「日常の地平から」長谷川宏、作品社)です。“芝居”になったアンティゴネを観ての感想で、その場合のキーワードが“対等”です。「・・・今度の公演では印象がちがう。姉と妹は、一方が主、他方が従、ではなく、せりふもしぐさも対等にわたりあうのだ。」。ですから、「イスメネは、臆病ゆえに大胆な姉についていけない妹ではなく、姉の非を難じ、無謀な行動をおしとどめようとする力強い女としてあらわれるのだ・・・」、しかし「たがいに対等に、ひたむきに、はげしくぶつかるなかで、運命の暗い影がしだいに濃くなり、悲劇の予感が現実のものとなっていく」と。


 アヌイの“アンティゴーヌ”は、ソポクレースの場合より、はるかに雄弁な言葉で自分をえぐり、返す“刃”を、姉を(ソポクレースでは妹を)、婚約者を、王である叔父に向けます。生きる為に死を選んだ者が、あたかも死んだように生きる者を引きずり込むようにして、という具合いです。その時に、向い合っている両者は互いに互いをたぐり寄せるようにしてえぐるのですから、“近い”分だけ“ひどい打撃”となって、降りかかります。“分別”というものがあって、それで成り立つ日常を生きるのか、たった一つでもその“真実”にすべてをかけて生きるのか、それを突きつけるのが「アンティゴーヌ」の問いです。
height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.