日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>小さな手大きな手
width=639
小さな手大きな手

height=1
2011年11月02週
height=1
 西宮公同教会の「たのしい学習塾」が始まって8年になります。学習が目的であるのはもちろんですが、学習を“たのしく”が、この塾の目的であり、存在理由です。そうして、たのしく学習が成り立つためには、それの担い手として、「信頼の置ける相談相手・先輩」が見つかることが条件でした。最初にそれを引き受けたのが、当時大学4回生だったF君でした。少なからず子どもたちも集まって、「信頼の置ける相談相手・先輩」と時間を過ごすことになりましたが、F君の後に続いて担当者に、このことの意味を十分に伝えられたかどうかを反省しながら振り返ることがあります。
 この塾が必要だと思った何よりの理由は、3人の子ども達が、小・中・高校生の時代、親ではない、信頼の置ける相談相手・先輩を得られて、難しい年代を乗り越えて行っただろうことを、身近なこととして感じてもいるからです。
 およそ30年前、西宮公同教会は付属の幼稚園の園舎及び教会棟を建て替え、資金的にそれを支える為の賃貸住宅事業をすることになりました。間もなくして、住宅一階両端の車両の出入り口になっていた部分を塞いでできたのがアートガレーヂでした。「居場所の得られにくい若者たちに居場所を提供する」が、その時の目標に掲げられました。“居場所の得られにくい若者”に“居場所”というのは、少なからず矛盾しているというか、そんな若者に居場所を提供するのは本来難しいことに挑むことになります。ですから難しかったのと、その通りにはできませんでしたが、少しはその役割を果たしてはいて、若者たちが集まる機会・場所にはなっていました。
 そして、若者たちが集まって、通り過ぎていきました。そんな若者たちが、音楽で集まることがあって、残り続けることになったのがI君でした。学生だったI君が、3人の子どもたちの“面倒”を見るようになり、親にはできない付き合い方「信頼の置ける相談相手・先輩」として、つきあいが続くことになりました。I君の紹介で引き継いだN君も同じように、信頼の置ける相談相手・先輩として子ども達と親との間を埋める役割、立場を担うことになりました。11月1日発行のビッグイシューに、8月にロンドンで起きた暴動を法律によって締め付けるキャメロン首相に対し、それでは若者の暴力は防げないこと、「メンター(信頼の置ける相談相手・先輩)の存在が鍵」であり、それを担う人、動きのことが紹介されていました。若者の暴力が問題になるシカゴで始まった「シカゴ・シーズファイヤー(停線)・プロジェクト」がモデルになって、イギリスでもその担い手になるメンターの働きで、グラスゴーでは、若者の暴力が「46%減」になったりしているのだ、とビッグイシューでは紹介されていました。
 若者のことでは、苦い思い出があります。小学校2年生の頃に教会学校に来るようになったA君は、17歳の時、無免許で窃盗車を運転し、171号線と今津西線の交差するフォルクスの電柱に激突させて、乗っていた少年と一緒に死んでしまいました。教会学校に来るようになってすぐ、夜中に家出したA君を総出で探しまわったことが何回かありました。広島や北海道のキャンプに参加しても、たくましく生き延びる力を持っているのもA君でした。平木中学の時に起こした事件で、学校が告訴した時には、そのことで校長と談判をしたこともあります。事件・事故の少し前に、教会学校に顔を出すことがあったA君でしたが、結局は信頼の置ける相談相手・先輩になることはできませんでした。A君の告別式に集まった、中学の時の同級生たちの涙に、力の足りなかったことを後悔したりしました。
 「犯罪白書」は、非行や犯罪で少年院に入った少年が、再び罪を犯してしまう割合は4割と発表する時、その少年たちが犯罪を犯した時も、再び犯罪を犯すことになった時にも、身近に、信頼の置ける相談相手・先輩にあたる人間が見つかりにくかったことも、同時に伝えています。ただし、「少年院を出ると、保護官と面接を続ける保護観察を20歳まで受けるのが原則だ。終了時点で、仕事をしたり学校に通ったりした人は、無職の人に比べて再犯率は低かった」は、論外と言うか、少年院から出て無職のまま放置されたら再犯が多くなっても不思議ではありません。「『よそ者』ではなく『自分たち』と見なすメンター(信頼の置ける相談相手・先輩)の存在が鍵」なのです。
 という、ビッグイシューは、5人を超える購入の希望があり、11月1日号から教会事務所に届けてもらっています。届けて下さっている人は岸実さんで、岸さんの現在を伝えるメッセージを紹介させていただきます。

 西宮北口のお客様へ
 アパート入居のご報告とお礼

  いつもビッグイシューをお買い上げいただきありがとうご ざいます。
  この度、私、岸実は、9月末よりビッグイシューの売り上 げでアパートに入居し、野宿から脱出することができまし
 た。
  ひとえにお客様のおかげと感謝致しております。ご報告致 しますとともに、心よりお礼申し上げます。
  また、今月より午前中は西梅田の共同経営店舗に再び入る ことになりました。
  皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解いただければ 幸いです。
  今後ともどうぞよろしくお願い致します。


ビッグイシュー日本 西宮北口担当販売者 岸実

height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.