日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>小さな手大きな手
width=639
小さな手大きな手

height=1
2015年10月03週
height=1
兵庫教区常置委員会  様
兵庫教区社会部委員会 様

 先日、教区社会部より「市民デモ神戸」への参加、及び呼びかけ団体となることの要請がありました。西宮公同教会では、役員会で話し合い、呼びかけ団体に名を連ねること、教会その他で「市民デモ神戸」への参加を呼びかけてきました。
 その後、「市民デモ神戸」の継続についての呼びかけがありましたので、以下のような文書を届けさせていただいております。教区常置委員会、教区社会部として、この問題の取り組みについて、今後の方針などを示していただきますよう、お願い申し上げます。

12日の集会に集まられた皆様に

 今日の集会に参加予定でしたが、亡くなられた方の葬儀で参加出来なくなりました。
 神戸で「デモに約1000人の市民が参加」したのは、「個々の団体の個人の意見や違いを尊重し」「誰もが参加しやすいデモ」として実現したということでは、参加者として同様の評価をしています。
 その行動の原動力になった「アベ政治への怒り」「アベ政治を終わらせる」という共同の意思を軸として、今後のことが提案されることを願い、かつ期待しています。「アベ政治」が強行した「戦争法案」は、アベ流の政治言語で「積極的平和主義」として語られてきました。「積極的平和主義」の “欺瞞”が踏みにじる具体的な事実を共有し、「市民デモKOBE」に集まった人たちそれぞれの日常で理解を深め、その持ち寄り繰り返し共同行動を実現していくことを願っています。
 「アベ政治」の「積極的平和主義」の“欺瞞”が踏みにじる具体的な事実として、例えば、以下の諸点を考えています。

1、沖縄辺野古新基地建設
 12万人を超える、沖縄島で生きるひとたちの命を奪った戦争から70年、島の人たちの歩みの根底にすえられてきたのは「人間の尊厳」でした。  
 今、国・政府に対して、「建白書」を提出した沖縄の人たちの強い意志は、島の平和に止まらず世界の平和を作り出す「人間の尊厳」という言葉に込めて語られています。「アベ政治」の「積極的平和主義」による辺野古新基地建設の強行は、沖縄島の人たちの強い意志であり総意でもある「人間の尊厳」をあらゆる意味で、踏みにじっています。

2、東電福島の事故と、事故責任
チェルノブイリから25年、東電福島で起こった原子力事故が初めて明らかにしたのは、それを作り出した人間のどんな営みも退けてしまう破滅的でかつ破壊的な力です。にもかかわらず、人間はその“魔力”の前に屈服し続けます。更に広く世界の生きものが放射性物質に脅かされ、かつ晒されたとしても、原子力発電所を稼働し事故を引き起こした人たちは何一つ責任を取らないし、問われません。今も、事故の東電福島から大量の放射性物質が「総量規制」がないまま、環境中に放出され続けています。核廃棄物などが増え続けることも黙認されています。それもまた、「アベ政治」の「積極的平和主義」です。積極的平和主義というなら、すべての生き物の現在、そして未来を更に脅かすことになるあらゆる核の廃絶以外にはあり得ないはずです。

3、戦争と戦争の惨禍が人々の生活・生命を脅かし「難民」にしている。
 世界で、数百万、数千万の人たちが生活・生命を脅かされ「難民」とならざるを得ないのは、そのほぼすべては戦争・内戦の結果です。「アベ政治」の「積極的平和主義」は、時は、そして確実に、戦争・内戦に武力で加担することが最も大きな主張になっています。戦争・内戦に武力で加担する「アベ政治」の「積極的平和主義」は、一方で、難民支援を口にはします。数百万、数千万の難民となってしまう人たちを支援することは、それがどんなに必要であっても、不可能です。難民支援の根底に据えられなければならないのは、そこに住む人たちが「難民」とはならないで生きる「平和な日々」です。自分たちの生活・生命を自分たちで守り、決して「難民」にならない「人間としての尊厳」の為の、その人たちの平和です。「アベ政治」の「積極的平和主義」は、更に戦争・内戦を拡大し、かつ「難民」を増やすことにしかなりません。

 こんな風なことを、少しだけ考え、かつ実践しながら、「市民デモKOBE」に参加し、これからもその仲間の一人でありたいと願っています。
 付け加えるなら、「参議員選挙に向け」「アベ政治」を終わらせる為のより現実的な政治・選挙行動の軸になる幅広い人たちの結集が不可欠です。

2015年10月12日
西宮公同教会
菅澤 邦明


height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.