日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ
width=1
top>小さな手大きな手
width=639
小さな手大きな手

height=1
2016年01月01週
height=1
今年、これが最後のいい出会いかなという体験をしました。12月31日午後、阪急西宮ガーデンズのBook 1stに、注文をしていた本を取りに行った時のことです。西宮北口駅を過ぎて右へ曲がり、2つ目のムービングウォーク(これには乗らない!)の途中あたりで、女の人の乗ったらしい車椅子がさっと追い越して行きました。“速い!出来る!”と思い、思わず競争することになりました。その速いこと、早歩きで追いかけるのですが追い付けず、結局ガーデンズに入った人混みで追いついて、「速いなぁ!」と声をかけたところ、「そうですか!」と、にっこり振り返って、人混みをかき分けるように、さっさと先へ行ってしまいました。スポーツニュースで、たまたま車椅子バスケットの“格闘”の様子を見たりするとそのスピードに驚いたりします。「リアル」(井上雄彦、集英社)のファンで、やはり車椅子バスケットの“格闘”の様子をながめたりすることはありますが、本物の車椅子が追い越して行って、追い付いて声をかけた時に、振り返ったその人の笑顔と声に、いい出会いで一年が締めくくれたように思っています。
 いい出会いというか、いい言葉を壁に張り出した人たちとの出会いも、記憶に残り続けるように思っています。それは、9月30日、ウィーン西駅のホーム端の壁に張り出されたポスターに書かれていた言葉です。難民となってウィーン西駅にたどり着いた人たちに向けてのポスターには、水や食べ物を提供すること、健康の相談にも応じられることなどが英文で書かれ、最後に「YOU ARE SAFE」と書かれていました。生きていくための生活の手だてのすべてが奪われ、“難民となって”そこにたどり着いた人たちにかける言葉として「YOU ARE SAFE」は、これ以上はない言葉として読めました。そんな言葉で難民たちを迎えるウィーンの人たちに、一人の人間として、人間は誇るに足るものであることを、あらためて思わされました。
 2015年2月から、沖縄辺野古キャンプシュワブ前の座り込みに参加し出会ってきた座り込みをサポートする人たちに共通するのは、静かで激しく暖かいことです。ほぼ予備知識なしで参加した2月に、「早朝行動」というもののあることを知り、午前6時30分ぐらいから集まって始めるその行動に、その時の2日目から、その後もずっと参加しています。工事用ゲートに立って関係車両の前に立ちふさがり、車両が基地に入るのを阻止する直接行動が、早朝行動です。座り込みに参加する回数が増える度に、ほぼ必ずそこにいて歌でリードする人がいることも解ってきました。“ヒロジ”こと山城博治さんはどうやらリーダーの筆頭で、よく歌います。リーダーというよりは、サポートに徹し、激しくかつおおらかに、立ちはだかる人たちを歌で鼓舞する人が2人います。7,8月に子どもたちの沖縄のキャンプで立ち寄った佐喜眞美術館で、久しぶりに「けーし風」(「状況に『返し風』を」、発行沖縄フォーラム、2015,7)を購入しましたが、ぱらぱらっとめくる程度でした。しばらくして、特集「未来につながるたたかい」、「ゲート前の人々」で、見つけたのが、「すわりこめ」をリードする秦真実さん、「ともだち100人できるかな」をリードする小橋川共行さんです。
 6月くらいまでは、立ちはだかるだけだったのが、10月には秦さんのリードで本格的に座り込むようになっていましたが、全身で「すわりこめ」を歌う歌のリードで、全身に力がみなぎってくるのが秦さんの「すわりこめ」です。小橋川さんの「ともだち100人できるかな」は…。
  ともだち100人できるかな
  100人ですわりこみ
  キャンプシュワブですわりこみ
  キャンプシュワブですわりこみ
  100人ですわりこみ
  わっはは はっは わっはわっは
 で、100人が1000人、2000人、3000人と増え…。
  ともだち3000人できるかな
  3000人ですわりこみ
  キャンプシュワブですわりこみ
  世界中をふるわせて
  3000人ですわりこみ
  わっはは はっは わっはっは
 となって、本当に笑って激しく座り込み、機動隊に激しくごぼう抜きされるのです。この2人もまた、辺野古新基地建設反対の座り込みでは欠かせないのです。
12月28日朝、ゲート前を立ち去る前に、「かえるバッチ」を紹介させてもらいました。1月24日投開票の宜野湾市長選挙で、辺野古新基地建設反対を公約とする、シムラ恵一郎さんを応援する私設応援団「わんから」の人たちからの依頼で、応援リーフレットと試作した応援バッチの紹介です。試作品の「かえるバッチ」は好評で、試作品の50個は完売になりました。その時に、声をかけてきたのが、小橋川さんです。「いやぁ〜、こういうのが欲しかった」ということで、話がはずみ、29日午後に予定されている、シムラ応援の音楽パレードで「かえるバッチ」を販売すること、同時に、かえるの歌「チェンジ・かえる」(新作)のCDもパレードの街宣車から流すことになりました。そして、更に話がはずみ、試作で600個届けていた「かえるバッチ」を2000個に増やし、更に「かえるしおり」を3000以上を作って届けることも決まりました。桁違いの大仕事になりますが、頑張ってみます。で、3〜6日、8〜13日と、沖縄辺野古の座り込みに参加することにもなっています。
以下、リーフレットの、見開きの歌「チェンジ・かえる」です。
 「チェンジ・かえる」

かえるのうたが きこえてくるよ
かえる かえる うみが かえる
わったぁ うみが かえる かえる
わったぁ へいわが かえる かえる
※(以下、繰り返し)
チェンジ チェンジ ○○○に チェンジ
かえるかえる ○○○が かえる
チェンジ チェンジ ○○○に チェンジ
かえるかえる ○○○が かえる

かえるのうたが きこえてくるよ
かえる かえる だいちが かえる
わったぁ だいちが かえる かえる
わったぁ ふてんま かえる かえる


かえるのうたが きこえてくるよ
かえる かえる そらが かえる
わったぁ そらが かえる かえる
わったぁ おきなわ かえる かえる


 *○○○の部分は、たとえば沖縄で、「誇りある豊かさ」「人間の尊厳」を生きる人、指標とする人があれば、誰でもその人の名前を入れて歌ってください。たとえば、オナガ〜、イナミネ〜、シムラ〜、イハ〜のように。
 もう一つ、7,8月の子どもたちの沖縄キャンプの那覇空港に下りてたまたま出会ったのが翁長雄志沖縄県知事です。「頑張って!」と声をかけたところ、あの、はにかむような笑顔で、手をあげゲートに向いました。11月の辺野古キャンプシュワブ前の座り込みには、知事夫人が参加発言していました。「最近孫が2人誕生しました。主人と話しています。この子たちが大きくなった時、おじいちゃんとおばあちゃんは、辺野古の浜に立って、この海と空を守るために頑張った、と自慢したい」。以下最近出版された翁長知事の著書「戦う民衆」の「おわりに」に書かれている言葉です。
 「生身の人間である私たちは、これからも場合によっては木の葉のように舞い散るかもしれません。しかし、それでも私たち責任世代は、自分の姿を伝えて、子や孫の世代に勇気と誇りと自信を持ってもらいたいと思います。自分の生まれた故郷で未来の世代が自信を持って生きていけるような素地をつくることが私たちの使命です。
 今後の見通しについてはまだ言えませんが、沖縄が主張し、一個人としての私も主張し、知事としての私も主張して、人々と一緒に行動します。どんなに難しい中でも、どんなに可能性が小さくてもやり遂げる覚悟です。私たちの思い、私たちの存在をかけてやっていきます。」
height=1
[バックナンバーを表示する]
height=1


フ皃width=80

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.